いい大人は一刻も早くYahooかGoogleに避難しましょう。
公共サインの意義とは。。

横浜市「災害時給水所」のピクトサイン。

縁あって、こちらをデザインさせていただきました。

横浜市内に134カ所設置されてるようです。

ありがとう、横浜市。

ありがとう、仕事を生み出してくれたパートナー。

 

早速、現地に確認に行ってみると、、、

 

無い!

いや、無いのはおかしい。

スマホアプリ「ロケスマ」によると、確かにここだ。

上空を見上げながら、あっち行ったりこっち行ったり。

完全に横浜初心者おのぼりさんの様相だ。恥ずかしいぞ!

狐につままれたような気分とはこの事なのか?

 

あきらめて帰ろうと思ったその時、

ふと見上げると、うっそうとした街路樹に紛れてそいつはいた。

 

 

…おいおい。

デザインした本人が、最新のアプリを駆使して、

さらに、時間もたっぷり、お腹も満腹、喉も潤った状況で、

 

この見つけにくさ。。。

 

正直、デザインの出来には満足している。

緊急時に水を確保できるイメージが誰にでも伝わるデザインだと自負している。

ただ、、設置される場所ひとつで、こんなにもデザインの価値を打ち消すものか。

 

今回確認したのは、みなとみらいの一角。

老若男女、様々な人の集まる場所で、

日頃からサインの存在をアピールするには最適な場所である事は間違いない。

そのチャンスを完全に逃した設置になっている。

残念だ。

 

他133カ所はどう設置されているかは分からないが、

観光地ならではの、景観形成基準による設置規制などあるのかもしれないが、、

できるだけ、人々が集まる場所では目立ってほしいものだ。

大げさかもしれないが、人の命を守るサインでもあるのだ。

日頃から人目に触れやすい場所に設置することで認知を高め、

緊急時に本当に役に立つサインへと育っていってほしいと願うばかりだ。

 

一人でも多くの人々が救われるように。

アート関係 comments(0) trackbacks(0)
芸術家って
絵画、特に現代美術にカテゴライズされてる作品を創る時って、
こう描かないといけないって制約は、絶対あってはいけないんだよね。

どんな作品を創っているかは作家の気持ち次第なんだけど、
本当にいい作品って、
作家自身が作品にのりうつる位の、いわば生き写しである必要があると思うんだよね。

それ以上の自分に無いものを頑張って出そうとしても、
なんかあざとくなるんだよね。

でも、かっこいい物とか、上手く見える物とか、綺麗に見える物とか、
背伸びして描こうとするんだよね。
それが、モノを創る人の性だから。

でも、そうする人は芸術家では無い気がする。
それは商業美術家の仕事であって、芸術家は、そんな気持ちで創ってはいけない気がするんだ。

だって、人の目を気にして創ったら、その作品は自分では無くなる。
芸術家は唯一無二でなければならない。
そこに初めて価値が生まれる、本当に特殊な職業なんだよね。

誰もがイイって思う作品を創りたい、世界のスタンダードになりたい、
そう思うなら、自分自身が誰にも無い、極めて稀で注目を集める人間にならないといけないね。

もしくは、自分を出し尽くした作品を発表して、そして多くの人の注目を集めたならば、そこで初めて自分自身どういう人間なのか、その価値に気付かされるのかもね。

人は、作品にお金を払う訳じゃない。
作品を生み出した人にお金を払うんだよね。


私は芸術家でありたいと思ってるけど、
実際はデザイナーで生計を立ててる。
だからなのか絵を描いてると、どうしても描き過ぎるんだよね。
もっと綺麗に、もっとバランス良く、、
その時点で芸術家では無く、デザイナーとして絵を描いている。
鑑賞する側の目線で描いちゃってるね。
これじゃ、イイ作品出来るわけない。

頭では理解できた。
あとはどれだけ芸術家としてのプライドを持って作品を創れるか、だよね。

アート関係 comments(0) trackbacks(0)
部屋塗り
前述の友人のデザイン事務所。
そこを自由に塗って!との、
ふんわりとした依頼で、
思いついたままに塗ってみたのだ。

現状は古いオフィスにありがちな、
白ともベージュとも言えない様な、
中途半端な色で占められている。
まずは、そこから。
床も壁も天井も真っ白く塗りたくる!

そしてポイントで強めの色を散らせる事にした。

で、入口から。。。。
この扉、まだまだ可能性を秘めてると思うのです。

さらに、入口から奥を見ると。。。
ポップな赤い扉が目に飛び込んできます。

奥のメインのスペースは。。。
こんな感じが、、

こんな感じに。

やっぱりポイントは赤い梁ですね。
個人的には、窓のサッシも全て白く塗ったところが気に入ってます。
まぁ、ほとんどの人はそんな細かい所には気づきもしないですが。

うん。襖もこうなるとオシャレに感じる。
なんか80年代ポップアートって感じですね。
ちなみに、アインシュタインの絵はご購入いただきました。
ありがとうございます。

アート関係 comments(0) trackbacks(0)
雪見テント
去年の話ですが、
クリスマス前の話ですが、
この真夏に何なんだという話ですが、


雪見です。
室内で。 
テント張って。
バカですね(笑)

友人のデザイン事務所にて定期的に行っている飲み会。
毎回さまざまな企画をからめての交流会的なノリになってて、
この回は私が企画を担当させていただきました。

というわけで、非日常を感じていただこうと、
まずはテント張りました。
そして、クリスマスも近いということで、プロジェクターで雪降らせました。
BGMに、自然の虫の音を響かせました。

こんな感じ↓

大好評♪
お金と時間と人手があれば、
もっとビックリする演出ができるのになぁ。。
そんなお仕事お待ちしてます(笑)
アート関係 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |